くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リコーオートハーフ SL @002

オリンパス・ペンとの双璧を張るハーフサイズカメラの雄が、リコーオートハーフ・シリーズ。キャノンや富士フィルムからも同類仕様のカメラは出ているけれど、シリーズ展開という意味で、この二系統は別格でしょう。今回紹介するのは、ペン同様オートハーフも長期にわたって発展をつづけ。初号機発表から約7年後の1970年4月に発売になったSL。

_DSC0159.jpg

外観は比較的きれいで、電池の液漏れもない。それまで、セレン式だった露出計をCds式として、目測式f1.7レンズを積んだのがこの前らの特徴。零戦52型丙みたいと呼ばれたけれど、肥大化していびつになった形状は、確かにあたっていると思う。それでも、意外によく写るのよこのカメラ。

_DSC0160.jpg
メカを開けてみても傷みは認められないが、例によってヘリコイドが固結してしまっている。

_DSC0162.jpg
電池ボックスは綺麗なので、そのまま装填しても針が振れない、いろいろ試してみると、どうやらここも軸が固結している。コイルが露出するまで分解して、調整を試みる。断線すると元も子もないが、何とかスムーズに動くようにできた。

_DSC0164.jpg
問題のヘリコイド。固結グリースには有機溶剤は効かない。いろいろ工夫してなんとか分解する。ネジの中り自体はかなり緩い。重めのグリス入れてちょうどいいだろう。

_DSC0165.jpg
ボディーに組み込んだ状態。ハーフサイズカメラのピント確認はオートコリメーターを使わないと制度を出せない。この状態でカバーをかぶせ、自宅に持ち帰る。

_DSC0166.jpg
ファインダー清掃。レンズ3枚を使い途中にハーフミラーで光路を振りブライトフレームを取り込むしっかりした作り。ミラー蒸着もしっかりしていて、汚れをふき取るだけで、素晴らしくきれいになる。

_DSC0167.jpg
カバーを閉じる前の最終状態。レンズ横をセルフシャッターユニットが大きく占める。スローガバナーと同じようなつくりなので、これが入るだけでコストがずいぶん変わる。

_DSC0169.jpg
完成。初代やS、SEとは、レンズが違うので、かなり違った写りになります。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/04/21(木) 09:18:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連休中の営業日 | ホーム | Conntessa35@001>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/776-b34b9339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。