くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

Retinaの整備

今週ツイッターで修理解説した内容を、ここではまとめてもう少ししつこく語ってみようと思います。

_DSC0690.jpg

相変わらずデジタルカメラに交換レンズをつけて楽しんでいる人は多いみたいだけれど、フィルムカメラを味わうのならば、レンズシャッター機はとても良い選択肢だと私は思っていて、その中でもRetinaは最右翼ともいえる機種です。今回は最もバランスの取れたタイプともいえるIIIc型のOHを解説します。




_DSC0670.jpg
上カバーはビス3本で留めてあるだけなので、簡単に外すことができる。それゆえ、プロでない人でも開けてしまうので、中に仕込んだRFをいじられていることも多い。とにかく分解して洗剤で洗う。これだけですごくきれいになる。

_DSC0673.jpg
1954年発表のカメラなので50年以上たっているのだけれど、距離計に使われているミラー蒸着はまだしっかりしている。それは、この個体だけでなくほとんどの個体のハーフミラーも清掃だけで回復させることができる。それにしても、ブライトフレームを見せるために合わせ鏡を使っている豪勢なRF。

_DSC0676.jpg
慣れればすいすいできるHOでも、手際を間違うと蒸着を傷つけたり、割ってしまったり、元に戻せなかったりいろいろ難しい。仕上がったRFは曇ったRFととは全く見え方が違います。

_DSC0680.jpg
このシャッターは動いていますが、羽にこのような汚れがある場合、高い確率でシャッターの内部に油が回ってしまい、低温期になると動かなくなってしまいます。というわけで、分解清掃すると・・・・・。

_DSC0685.jpg
案の定羽周りはぺとぺと。結局絞り羽まで外して洗うことに。そこまでしておけば5年10年は大丈夫。

_DSC0677.jpg
このXENON50/f2.0レンズはほんとに良く写る。ガラスエレメントはすっきり抜けているので、軽くふいてやるだけで十分。


これを読まれた方に勧めたいのは、とにかくいろいろな個体に触れてみることです。きちんと手の入ったカメラと、全く整備されていないそれとに違いを、いくら説得しても、実体験がなければ納得されないでしょう。仕入れたカメラをそのまま転売するのなら、価格競争に乗るのでしょうが、お金をいただけるだけの手間をかけた機械は、安易に値段を変えることはできないのです。

_DSC0699.jpg
RETINA IIIcはLEICA M3と同じフォトキナでデビューしています。それは、戦後復興に走り出したドイツが超大国アメリカに輸出攻勢をかけるべく、工業力の総力を挙げた作品ともいえる製品です。そして、その後マーケティングが発達し、コスト意識を盛り込まれると、機械式カメラたちは次第に精彩を欠いてゆきます。この時期の製品の本物を触ってみてください。先人たちへの敬意を感じ自らの矜持を意識するでしょう。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/09(土) 15:34:28|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木象嵌の世界 | ホーム | 7月11日月曜日は撮影で出たり入ったり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/802-d78fc4e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード