くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

カメラ修理屋からのご説明。

最近電話で、修理相談を受けるのですが、ごくごく基本的なことで一般の方に理解していただきたいことを、ここで少しご説明したいと思います。

_DSC0670_20161020190507090.jpg

ごくごくシンプルに言うと、修理費用とは現在のカメラの価格とは全く無関係だということです。もっと身も蓋もない表現をすると、低価格のカメラであっても、修理・整備費用は決して低予算では収まらないということです。

今回挙げた画像のカメラは、現在店頭で1000円程度で(勿論ジャンク)ワゴンセールになっています。機械式なので修理のできるものもあるのですが、現在の相場では修理費用を捻出できず、そのままジャンクとして処分することにしました。

クラシックカメラと呼ばれる機械は本当にたくさんの種類があり、その相場価格は千差万別ですが、その値は決して性能や当時の定価に準じて決まっているわけではありません。価格を決めるのはあくまでも”人気”です。それゆえ、同じような方式・機能のカメラであっても、まったく異なる価格で流通しています。しかし、同じような構造のカメラを修理・整備するには同じような手間がかかり、不人気で低価格のカメラだからと言って、低予算で修理ができるわけではありません。むしろ、不人気・低相場のカメラは故障しやすかったり作動安定性が低かったりするために評価が低いこともあり、低価格のカメラの修理は、むしろ費用をいただかなければ、お受け出来ない場合があります。


事実、ロシアンライカと呼ばれるフェド・ゾルキーの修理を当店ではあまりお受けしておりません。中を開けてみると明白ですが、ライカコピーカメラの中でも、ソ連製の物は材質が悪く加工精度も低いため、きちんと動かすのはかなり難しく、確実に作動を保証するためには、ライカの部品を移植しなければならなくなってしまう。当然修理費用はライカを上回ります。一般的にある程度の金額以下のカメラは、修理・整備費用がかさみます。カメラ選びの際はそのような点も考慮してください。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/20(木) 19:15:08|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<KonicaS | ホーム | べったら市レポート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/839-5a1d2866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード