くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ワイルド・スワン

これを読んだおかげで、日常生活に支障をきたしている。
_DSC1112_20170616204625e1a.jpg

いろいろな部分で考えさせられること膨大。






年長さんのお友達宅で、おやつをいただきながら安田講堂の攻防をテレビで見たのが、私の最も古い現代史体験だった。以来、映画、ドキュメンタリー番組、書籍、写真集等々で、”歴史”をしり、わけても第二次大戦、ヴェトナムやインドシナのことはそれなりに理解していたつもりだった。しかし、四半世紀も前に出版された本書を読んで、今更のように中国の現代史を知った。

清朝末から文革終了期までの女三代記。と言ってしまえばそれまでだけれど、とてつもなく重い話で読み終わった後生活に現実感が失せてボーっとしてしまった。嫉妬や怨嗟、諸々の人間の醜さが暴走する社会で、どのように正気早期を保って人が生きてゆけるかが、延々と語られている。

15年以上前だが、40代の社長より先に絶対に退社できない、正真正銘のブラック企業に勤めたことがある。社屋内には監視カメラが置かれ、密告・いじめは蔓延し、裁量労働を不当解釈して一切残業代は支給されない。夜中に何度もうなされ、8か月で10kg体重を減らすような生活を送り、北朝鮮で生きることがどのようなことなのかを、身に染みて味わった。そんな経験に裏付けられて、本書のヒロインの塗炭の苦しみが感じ取れる。まだしも私は、辞めることで逃げ出すことができたが、逃げ場のない、しかも、縁者への迷惑を思うと自殺すら許されない社会は、これ以上はないほどの地獄だったと思う。

本当に恥ずかしながら”文化大革命”が何であったのかを、今回初めて知った。安保闘争がその後こけた経緯を同時代で見た私には、学生が騒いだぐらいで体制が覆ることなど、全く想像もつかないが、毛沢東という狂った指導者が指示すると、8億の民が秩序を失い破滅に突っ走った。クメール・ルージュも北朝鮮も、御徒町の I 商店も愚かなリーダーが王国を築いてしまうと、臣民は皆狂わされてしまうことの実例だったのだと思う。大切なことは、キチガイが専横を振り回す前に辞めさせることなのだろう。どこかの国と同じではないか。


まことに学ぶところの多い本なのだけれど、読了後強く残ったのは、やはり、日本の高度経済成長は必ずしも日本人の努力だけでなしえたわけではないという確信。戦後1970年代に至るまで、中国は全く経済成長できなかった。日本がオリンピックをやり万博をやっていたさなかに、かの国は総出で足の引っ張り合いをしていた。その事実が、日本の国際競争力という意味で、どれほど大きな援護になったか。今、14億に迫ろうという民が破滅からの復興に突き進んでいる。棚ぼたの栄光にすがる時期ではないはずなのに、いまだにこの国は女性の戦力化に取り組もうとしていない。帝国主義時代のお題目などを掘り出して唱えている暇はない。もっと本当に前を向いて、次の世代のための制度作りに取り組めないのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/20(火) 15:22:33|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<臨時閉店時間のお知らせ。 | ホーム | 臨時休業のお知らせ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/884-11766430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード