FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ローマ人の物語

”ローマ人の物語”という本をこのところ読みふけっている。A5判サイズの単行本で各々400ページ以上あり、全巻15冊。読みであり過ぎ。

_DSC0301.jpg



”ローマ文明”の名前を知らない人はいないと思うけれど、受験で世界史を選択した私でも、この本を読んでみると、実のあることは学んでいなかったと思う。何よりも、2000年前にこれだけのことを成し遂げた人々がいて、しかもそれが記録として残り、西欧人の学びの礎となっていることを、よく理解すべきだ。解り易く言うと、第二次ポエニ戦役は、大体今から2200年前に起こったが、その主役といえるハンニバル(レクターじゃないぞ)は、自分の領土だったスペインから長躯イタリアに侵攻し、長靴型半島の全土を暴れまわった。日本人のスケール感で言うと、鹿児島あたりに上陸した異国人が東京目指して進撃し首都入城は果たせなかったのものの、関東一円を荒らしまわったぐらいの感覚。徳川家康であっても島津の本拠地まで遠征してはいない。抑えるべきなのは、これが完全な敵地内への遠征であること。日本人の海外侵攻は、近代以前では秀吉の朝鮮出兵だけだけれど同じスケールに当てはめると、プサンに上陸して大体遼東半島辺りまで攻め進み10年近く戦い続けたことになる。二回の遠征で、とてもそこまでの事は成していない。もとより、よその国に攻め込んで長く戦争を続けることを称えるつもりはないが、風土の異なる土地で生き延びた先人の経験は、学ぶところ大きいと思うのだ。

繰り返しになるが、恐ろしいのはそれらの知見がきちんと文献として残っていて、現代に反映できるということ。アングロサクソンの狡猾な植民地経営(それに比べて満州経営がいかに稚拙だったか)、戦闘方法・記録が士官学校で学ばれていること、ゲルマン人の大移動が移民問題だったこと等々を知ると、日本人がいかに田舎者だったのかと愕然とする。

”坂の上の雲”は、ある種定番の教養書になったのだろうが、もう、日本国内の過去を知ったとしても、これからの世界では通用しないのではないか?この本は今後日本人が国際社会で生き残るために、身に着けるべき多くの学びが書かれていると思う。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/12/02(土) 12:36:04|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Robot II | ホーム | 12月4日月曜日はお休みします。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/897-80676b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード