FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

中古カメラ整備に関する私の考え方

”逆に何もしていないのであれば正直に「経年劣化に任せた」旨をハッキリと名言して頂きたいです
 それを正直に言わない業者があまりにも多すぎます(某中古カメラフェアに行ってみての僕自身の個人的見解です)”
Twにありがたい問いかけが挙げられたので、紙幅自由度の高いブログで考察しようと思います。
カラフルC35

自分で提起していてこんなことを書くのもなんだけれど、この問題は、一つ間違えば業者同士の罵り合いや魔女狩りになりかねません。そうすまいとする感覚は”村意識”と揶揄されても仕方ないけれど、私自身は他人のインチキ修理やババ抜き商売をあげつらう気にはなれない。”罪を犯したことのない者だけが、石を投げなさい”(ヨハネ8)ってやつだよね。
上記を踏まえて、私に言えるのは”自分の責任で店を選びなさい”ということだけ。
市中には”整備済み永久保証”から全くのジャンクまであり、各々の趣旨に合わせたお買い物は、全面的に買い手の意思に委ねられていて、それを他人がとやかく言うことはできません。
以前私がブログ上で、電気式カメラを否定するようなことを書いたら、其れにもまっとうな反論が寄せられました。自動化されたカメラにも十分な魅力があり安易に否定するのはおかしい、と。”生きるに用成さない趣味のモノ”なのだから、なんでもありで変な信仰を振り回さないのが正しい取り組み方なのだと思うし、少なくとも私はそういう態度に敬意を抱きます。
敢えて、内情を暴露すると、”扱っている本人たちが解っていない場合がある”というのが、身も蓋もない現実です。既に、”転バイヤー”の実態は多くのマニアの知るところだとは思いますが、未だにカメラ屋の中にも私の目からは首をかしげるカメラの扱いはあり、しかも、そうしている本人たちは、それがおかしいと思っていない。更に言えば、私自身にも知らないことは沢山あり、お客さんや仲間や、勿論、師匠から今でも日々沢山教わっています。数十年前の機械を楽しんで使うのに”正解”などなく、あるのはひたすら”使い手の納得”なのだと思います。
その”納得”を得るためにできるのは、”問いかけること”だけだと思います。誠実な売り手程、深いところまで”わからない”とは言いません。しかし、必ずどこかに”わからない”があり、それを論うことばかりしていると、そのうち相手にされなくなります。そういった売り手と買い手との関係性の構築が、この趣味を豊かにしてゆく大きな部分なのだと、私は思います。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2020/02/23(日) 12:21:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浅間下の橋のたもとで模型仙人に出会った。 | ホーム | 深淵なる謎解き或いは足し算の写真>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/954-07ec9c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード