くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

VitoB その2

写りの良いレンズを、
極限まで小型化したボディーに乗せ、
手軽に良質な写真を撮れるカメラを提供する。
とてもシンプルなコンセプトて作られた、
このカメラにもいくつかのタイプがあります。
外見上最も大きいのが、ファインダーの大きさ。

Vitomatic相当のガラスを使った”大窓”は、
確かに見えはいいのですが、
”極限まで小型化”路線から外れてしまっています。

それ以外は、
細かいことなので画像参照。
VitoB35a.jpg
前回UPの画像と上とを比較してみてください。

レンズ鏡胴に明らかな違いがあります。
下から順に、
シャッタースピードの刻み、
距離目盛の単位、
開放絞り値。

つまり、
簡易型のPRONTOではなく、
スローシャッターの入ったPronntorSVSが付いて、
距離目盛がメートル表記で、
開放F2.8のカラースコパーが載った機体が、
このカメラのトリビア的トップグレード機です。

 以下次号
  1. 2014/08/24(日) 00:23:52|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VitoB

いきなりべたなタイトルですが、
レンズとシャッターとフィルムハウスとファインダーだけのような、
シンプルカメラでも結構ネタはあります。

実は、1954年発売なんですね・・・。

LeitzやKodakの、
M3やReitinaⅢcと比べると、
いささか見劣りするけれど、
このカメラもなかなか気合入っています。
気合の入りぶりは他の機会に譲るとして、
VitoBと一言で言っても、
いくつかのタイプがあることを、
ここでは紹介しようと思います。

VitoB28b.jpg

 以下次号

  1. 2014/08/23(土) 16:09:43|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジペットEE 4

更にテストチャート的な絵です。

fujipetEE5_2014061220165987b.jpg

流石に、
不思議な具合に歪んでいるけれど、
何処も流れていないし減光もしていない。

私が、
現行品のトイカメラを嫌うのは、
それらがふざけた製品だからです。

50年前の子供用カメラが、
これほどのことを実現しているのに、
なにあれ。
コンセプトとして画像を落としているとしても、
いっぱしのカメラ並みの金とっているのが、
納得いかない。
周辺減光や像流れは、
きちんと写るカメラに処置すればいくらでもできる。

デジタル写真に対する別の選択肢として、
銀塩写真を考えるのならば、
出来そこないの製品に法外な金を払うよりも、
先人の成果をもっと正しく評価してほしい。

 おしまい



  1. 2014/06/13(金) 20:37:25|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジペットEE 2

前回見せたシャッターの奥には、
こんな露出調整装置が仕込まれている。

FujipetEE9.jpg

まあ、なんということでしょう、
セレン素子に直付けされた電流計の、
回転子の一方には針が、
もう一方にはたった一枚で絞りの役目を果たす、
勾玉状に穴の開いた遮光版が・・・・。

これほど大雑把な仕掛けで、
本当にきちんと写真が撮れるのでしょうか?

 以下次号
  1. 2014/06/13(金) 11:10:25|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジペットEE

このところ何屋のブログかわからなくなってしまっていたので、
久しぶり今回はカメラの解説をします。

FujipetEE5.jpg
1961年4月に発売された、フジペットEE、
1957年に同社から出ているフジペットの、
主要構造を流用し、
セレン露出計を載せて撮影精度を上げたカメラ。

”日本で初めての一枚羽EE”と、
解説書には書いてあるが、
どれほどの意味があるのかよくわからない。
露出計が載っている分だけ明らかに、
”写ルンです”よりは格上。

そのギロチンシャッターはこんな感じ。
FujipetEE8.jpg
もちろんフルメタルです。
今これを作ったら(日本で)、
結構な金額になってしまうと思う。
途上国で作ると・・・・、
きちんと動く製品ができるようになるまで、
結構時間がかかるのかもしれない・・・。

 以下次号
  1. 2014/06/12(木) 20:09:09|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード